合宿免許と食事の提供について

合宿免許というのは、ドライビングスクールのなかにある寄宿舎か、あるいは周辺のホテルや旅館に宿泊をしながら、卒業までの時間をすごすことになります。
その際、食事はどのようになっているかですが、たいていの場合、昼間は合宿免許を主催しているドライビングスクールの食堂で昼食が出されますし、朝や夕方についても、寄宿舎やホテルなどの食堂で、それぞれ朝食、夕食が出されることになりますので、あまり心配することはありません。

場合によっては、夕食などはチケット制になっていて、ドライビングスクールと提携している周辺のレストランなどでチケットを渡すのとひきかえに食事が提供されるということもあります。

合宿免許の情報をまとめました。

また、合宿免許のプランによってですが、ウィークリーマンションのように、もともと食堂などが併設されていないところを宿泊場所とする場合には、あえて食事は提供せず、自炊で対応としているものもあります。
この場合ですが、ウィークリーマンションの部屋のなかに、ミニキッチンや冷蔵庫などの設備が付属しているため、食材だけスーパーマーケットなどで購入すれば、自炊が可能になるというしくみです。



そのかわりとして、食事代のぶんだけ合宿免許の料金は割安になっていますので、特に食事の質にはこだわらないという人は、自炊プランを最初から選ぶのもよいでしょう。

逆に、ドライビングスクールの食堂でも地元食材の料理など、さまざまな趣向を凝らしていることも多いため、食事が楽しみという人は、食事付きプランで満足するのもよいかもしれません。