合宿免許期間中の洗濯について

合宿免許の場合には、自宅から遠くはなれているドライビングスクールが用意したホテルや宿舎などに泊まりこみながら、技能教習や学科教習を受けることになるため、最低でも入校から卒業までには2週間程度はかかるというのが相場になっています。

このため、着替えなどを事前に準備しておいたとしても、やはり現地で衣類の洗濯ができないと、長丁場を乗り切るのがむずかしくなってしまいます。

ドライビングスクールの敷地内にある宿舎であれば、たいていはコインランドリーが置かれている部屋がはじめから存在していますので、洗濯がしたいときは、そこで洗濯をすればよく、合宿免許に着替えを多めに持っていくようなことまでは必要ありません。

また、ホテルや旅館といった場所が宿泊施設となっている場合も、同様に館内にコインランドリーが設置されていることが多いものです。



もしも館内にはなかったとしても、近くの歩いて行ける距離にはコインランドリーがあるはずですので、ドライビングスクールの入校にさきだって渡される合宿免許のしおりに書かれた案内マップなどをみて、適宜洗濯をすればよいでしょう。

あなたにぴったりの免許合宿の詳細についてはこちらです。

なお、合宿免許の料金そのものは、すでに入校する前の申し込みをした段階で銀行などから払い込みをしているはずですが、コインランドリーの費用などはその範囲外ですので、やはり現地でコインランドリーなどで使う最低限のお金は、合宿免許のときにも持参しておいたほうがよいといえます。